賃貸契約書の特約にはどれくらい効力があるか

入居時に受け取る賃貸契約書

賃貸物件選びをしているときって、家賃が最優先で、あとは立地とか間取りとかになることが多いでしょう。内覧であちこち出かけるのもかなりの手間暇ですし、次第に一刻も早く決めたい、となりがちです。そのために、あんまり賃貸契約書の内容とか、特約とかに注意を払う人がいないせいでしょうかね。目を凝らして見ると、驚くような特約が付いていることもあります。あんなあわただしい時期だったんだから、気づかなかった、で済む場合と済まない場合があります。

捺印しても無効なことも

賃貸契約書には、署名捺印しますから、それをもって、特約にも納得したということになります。だから通常は、特約は有効ということになります。しかし、法律に違反した特約なら無効になります。以前は、あえて法律との整合性を調べる借り手ばかりでもなく、面倒だからと特約通りにする場合も多かったでしょうから、そうした特約を付ける家主も珍しくなかったかもしれません。でも今は、インターネットの普及で法律との整合性は簡単に自分で調べられますので、法律に反した特約があるケースは少ないでしょう。

ガイドラインに反した特約なら

賃貸住宅の原状回復費用について、国はガイドラインを出しています。しかし、これは法律ではありません。そのため、ガイドライン無視の特約がついている可能性はあるでしょう。そうした特約は即、無効とはならず、裁判をすると無効にされるということになります。現在は少額訴訟の利用者も増えていますから、面倒がらずに訴えることですね。費用対効果を考えて、やる価値があるとなったら、異議を唱えることです。ガイドラインに沿った判決が出るのですから。

札幌市清田区の賃貸は物件が多い上に、種類が豊富です。ロフトが付いている物件や、セキュリティが充実している物件もありますから、こだわりの条件を明確にしましょう。