あなたは親しくしている!?賃貸物件の隣人関係

賃貸物件の近所づきあい

賃貸物件で生活をすると、住んでいる場所が気に入らなくなったり、新しい環境で過ごしたくなった時に引越しがしやすかったり、収入が安定していなくても自分に適した場所に住めるなどの魅力があります。また持ち家よりも近所づきあいをすることが少なくて済むので、人と付き合うのが苦手な人の場合は過ごしやすく、ストレスにもならないでしょう。しかし、賃貸物件でもある程度は人付き合いをしておいたほうがいいこともありますよ。

体調に問題が起きても早めに気づいてもらえる

突然の病気で倒れてしまったときには、一緒に住んでいる人がいれば早めに気づいてもらうことができますが、一人暮らしの場合は誰かが来てくれないとそのまま気づかれずに最悪の事態になることもあります。しかし、近所づきあいがある程度できていれば心配して早めに部屋に様子を見に来てくれる可能性がでてくるでしょう。また、孤独死を防ぐ効果もあるので、人付き合いが苦手でも住んでいる人に会ったら挨拶をしっかり行い、たまには日常会話をしてみるのもいいですよ。

トラブルを防いだり、解決しやすくする

隣人と仲が良ければ、騒音などのトラブルがあっても互いに意見が言いやすく、管理人に頼らなくても解決しやすいでしょう。また、住んでいる場所の周辺で不審者が出た場合には、その情報を早く話すことで互いに知ることができるので、防犯の効果も高まるでしょう。人と仲良くすることが苦手なために賃貸物件を選んでいる場合には、無理に話すのは大変であり、相手も同じく付き合いが苦手な場合は会話は難しくなりますが、トラブルを防ぐ効果もあるので、上手に付き合いましょう。

札幌の賃貸マンションの家賃の相場は、区により異なるが、中央区、厚別区の6.3万円を筆頭に西区、南区とお手ごろ価格になっていきます。