こんな方法があったのか!賃貸探しでの交渉術

賃貸に住む時にかかる費用

賃貸物件に住もうと決意してもそこから物件選びをしてさらに初期費用が必要となり、多くのお金を用意しなければなりませんよね。まず、初期費用とはどんなものがあるのでしょうか。ポピュラーなものでいうと敷金礼金ですよね。敷金とはお金を預けておいて退去する時に補修が必要な場合はその敷金から支払われます。ですから綺麗に使っていれば敷金はそのまま返ってくることになります。それに対して礼金は大家さんにお礼として支払うお金でこれは返ってきません。

敷金礼金以外にも初期費用はある

敷金礼金以外にも初期費用はあります。まずはクリーニング費用ですね。これは入居する前に業者が部屋を綺麗にしてくれることに対して支払うお金ですが決して安くはありません。次に仲介手数料です。これは賃貸物件を探す時は不動産屋を通して探しますよね。この不動産屋に対して支払うお金でこれも安くはありません。後は前払い家賃ですね。入居する前に向こう2ヶ月分の家賃を支払うことが多いです。このように初期費用は多くのお金が必要となります。

初期費用を値引くにはこうする!

しかし、この初期費用は交渉次第で値引きを貰えるかもしれません。その為にはどうすれば良いか。まずはこの費用をここまで抑えたいという要望を伝えましょう。伝えなければ何も値引きはもらえません。そしてそれを伝えると不動産屋がそれより少し高い金額で提示してくることが多いので一旦保留にして話を進めて話も大詰めになった頃にこの金額まで初期費用が下がれば今契約しますと伝えましょう。不動産屋も早く契約を次第為ここで仲介手数料なども値引きしてくれる可能性が高まります。

帯広市の賃貸マンションは、一定期間の間は、家賃などを無料にしてくれるフリーレントというサービスを行っています。