タイミングを知ろう!外壁塗装のリフォーム時期はいつ?

リフォームの中心!外壁塗装

家のリフォームで最も多い工事は、外壁塗装でしょう!家の外観を決めるだけではなく、内部を守るためにも、外壁塗装は大切になってくるんですよ。ある意味家を守る薄膜のような役割を担っています。そのため、外壁塗装の劣化が始まると、内部に水がしみやすくなってしまうんですね。そうなると、腐食が始まってしまい、家全体が危険な状況に陥るかもしれません。補修工事は外壁塗装より費用がかかります。そのため、外壁塗装のリフォームは、とても大切なことなんです。

いつ外壁塗装のリフォームをすれば良いの?

外壁塗装のリフォームを行わなければならないタイミングは、しっかりとわかっていますか?これを知らずにずっと放置していると、高額な修理費用がかかってしまいますよ!外壁塗装のリフォームが必要なタイミングを知らせる、合図があります。まずは、家の壁の光沢が無くなってくるでしょう。そして、壁を触ったときに白い粉がついたらより劣化しているでしょう。これが一番わかりやすい合図かもしれませんね!もっと劣化していると、塗装が剥げたり外壁の基材が露出してきます。ここまでいったらかなり危ない状態なので、壁を触ったときに白い粉がついたら外壁塗装のリフォームを視野に入れておきましょう!

壁を触ると白い粉がつく?チョーキング現象

先ほど、白い粉がついたらリフォームの合図といい、これが一番わかりやすい方法と述べました。よって、これについて詳しく説明していきましょう!この白い粉がつく現象を「チョーキング」といいます。これは、塗料が白化したものが手や衣類につく現象です。要するに、徐々に塗装が剥がれているという合図なんですよ!特に、太陽光や雨風がよく当たる場所は、このチョーキングが起こる可能性が高いです。そういう場所は特に、こまめに外壁を触り、白い粉がつくかどうかチェックしておきましょう!

外壁塗装を千葉で手掛ける専門業者の場合、高品質な塗料を使用している点に加え、豊富な実績による技術力の高い施工についても好評となっています。