リフォームの前に押さえておこう!外壁塗装を依頼する時のポイント

塗装のグレードと価格が重要!

外壁の塗装は雨水や太陽光の紫外線で徐々に劣化してしまい、劣化がひどくなると壁の中まで雨水が侵入してしまい、老朽化が加速してしまいます。リフォーム工事で外壁塗装を塗り替える場合は、なるべく長持ちする塗料を選定して、将来的なメンテナンスにかかる費用を削減するのが賢い運用だと言えますよ。そのためには、10年以上塗膜に劣化が見られないようなフッ素樹脂やシリコン樹脂などの塗料を選定すると良いでしょう。イニシャルコストは高くてもランニングコストは安くなるメリットがありますよ。

作業足場は安全と費用のバランスが大事!

外壁塗装をリフォームで塗り替える場合は、外壁の周辺に作業の効率を高めるための足場を設置することが必要です。足場には様々な種類があり、狭いスペースに適した足場や、フレームで組まれた足場、簡易的な足場などコストもそれぞれに応じて異なります。外壁塗装を依頼する施工会社に対しては、安全を確保したうえで最も低価格の足場で作業性を確保してもらうようにすると、無駄な間接経費をかけなくても済みますので、よく交渉することが大切ですよ。

ケレンは品質において重要!

外壁塗装を塗り替える際の下地調整の作業では、元々塗られている塗料をケレンという作業で除去することが重要となります。劣化した外壁の塗膜をキレイに除去しないと新しく塗る塗料がしっかりと密着しないので、品質に影響する要素となります。どんなに塗料の品質が良くても下地の状態が悪いと、塗り替え後も膨れや剥がれが発生してしまいますので、施工会社にはケレンの作業がしっかり行われているかどうかを確認しておくことが重要になりますよ。

せっかく資産価値のあるアパート持っていたとしても、きちんと定期的なメンテナンスがされていなければ、あっという間に資産価値は下がってしまいます。アパート塗装なら千葉です。