目利きが大事!中古マンション購入の際の注意点

購入目的をはっきりとさせる

昨今、不動産業界や投資家の間では、新築マンションの不良物件の増加や耐震偽造問題の発覚などをきっかけに、中古マンションへの注目度が大きくなっています。ですが、皆さん、中古マンションを購入しようにも、どのような中古マンションを選べば良いのかわからないですよね。そんな時の心掛けとして、まず、やっておかなければならないのが、自らの購入する目的をはっきりとさせておくことです。売却目的なのか、それとも自分や家族が住む為のものなのか、それぞれの目的によって、選択すべきマンションのタイプが異なってくるので、たいへん重要です。その為、間取りや広さ、立地条件、築年数などの条件をそれぞれ照らし合わせながら、慎重に吟味し、自らの目的に合った物件を選び出す眼力などもある程度必要となってきます。

優れた中古物権を購入すべき

一概に中古マンションといってもピンからキリまであり、また、必ずしも新しいから価値が高いというわけではなく、ヴィンテージマンションのように古い物件でも、ずっと高い価値を保ち続ける古いマンションも存在します。加えて、理事会の組織率や統率力なども重要な指針となる要素で、理事会がきちんとしているマンションは相対的に高い価値を保っている傾向が多い為、大切な要素として注目しておく必要があります。ここでも、やはりある程度の眼力が必要となってくるわけですね。

プロの目利きを活用する

中古マンションの購入は、ある程度、不動産売買を経験している方ならば失敗する確立は低いですが、初心者の場合はどうすれば良いのでしょう。失敗と成功を繰り返しながら地道に経験を積んで目利き能力を鍛えていく方法もありますが、ここでは、あえてプロの目利き力を活用する方法を進言したいと思います。建築家や住宅デザイナーにアドバイザー役を頼めば、客観的な評価力や技術的理解度を深めることができますし、プロの目利き能力によって、失敗ぜずに中古マンションを購入することができるようになります。もちろん、その分の費用は別途掛かりますが、依頼料はそれほど高額ではないので、初心者でも十分活用可能な方法です。

リノベーションマンションは築年数が経過していても、綺麗にリフォームされていることから人気があります。新築のように清潔感があり、購入費用は新築より安いことが多いです。